[募集] 君津の竹あかりワークショップ

小糸川の川べり整備で伐採した竹を加工して、自分の手で竹あかりを作ってみましょう。道具や材料はすべて用意されています。滑り止めになる手ぶくろのみお持ちください。ご自分で制作した竹あかり1本(LEDライト込)お持ち帰りいただけます。ご自宅のインテリアとしてお楽しみください。

開催日:2024年 6月2日(日)/ 6月16日(日)
開催時間:13:00~15:00
場所:清和ウェルカムハウス(君津市鹿野山367)
参加費:3,000円(材料代含む)
定員:4組(1日あたり)
主催:コミュニティ清和
協力:こいとのきこり隊(竹提供・講師)

鹿野山山頂の空き家だった商店を利活用し、コミュニティ清和がリノベーションしたコミュニティスペース「清和ウエルカムハウス」での開催です。

体験ワークショップの様子はこちら
https://seiwa-town.com/2024/03/28/20240328/

竹あかりとは:
竹あかりは、竹に穴をあけ、中に電球やLEDなどを入れて明かりを灯したもの。主に孟宗竹などの直径9cm以上の竹が使用される。古くから竹は、内部にろうそくなどを入れて灯火用具として使用されてきた。単に竹を切っただけのものもあれば、表皮を剥ぐなど加工をする場合もある。用途としては道路で足下を照らす場合や、神社仏閣などの祭礼で用いられる場合、個人のインテリアとして用いる場合などがある。数ある竹のあかりの中で特に、竹にドリルで穴をあけ、あかりを灯すものが「竹あかり」と呼ばれている。

関連記事

TOP